無垢材のデメリット

傷や汚れがつきやすい一面がある

注文住宅を建てる際にこだわりたいのが、家のさまざまな場所に使われる素材です。中でも、環境や健康への関心の高まりから、自然素材をいかした家作りに注目が集まっていて、天然木から切り出す無垢材の人気が高まっています。無垢材の一番の魅力は、天然の木材ならではの温かな質感と、同じものが一つとしてない自然な木目や風合いです。時間が経過するにつれて、無垢材独特の色の変化や味わいを楽しむこともできますが、一方で、塗装などの加工が施されないため、傷や汚れに弱い一面もあります。気になる場合には、固く絞った布で水拭きをしたり、サンドペーパーで削ったりといった無垢材の正しいメンテナンス方法をあらかじめ調べておき、こまめに対処するようにしましょう。

調湿作用と変形について

また、無垢材の大きな特徴の一つとして、家の中を快適にする調湿作用があることもよく知られています。季節ごとの湿度の変化が激しい日本の気候では特に重宝されていて、家の中全体の湿度が高い時には余分な湿気を無垢材が吸収してくれて、逆に冬場などの湿度が低い時期には蓄えてある水分を空気中に放出させることで、室内の湿度が適度に調節されるのです。 しかし、この調湿作用によって無垢材の膨張や収縮が繰り返されるので、無垢材が変形してしまうことがあります。そのため、板と板の間に隙間ができたり、反りや歪みによってフローリングの床鳴りにつながるケースもあるのです。そこで、最近では無垢材の乾燥方法や加工する技術を向上させることによって、このような無垢材のデメリットがだんだんと解消されてきています。

不動産会社が完成した住宅と土地をセットで販売しているのが、建売住宅です。オープンハウスで家の間取りや雰囲気を事前に確認し、立地で選ぶことができます。すぐに入居も可能で、メリットの多い住宅購入方式です。