無垢材のメリット

木の温かみを感じられる

注文住宅では、好みに合う建材を選べることもメリットです。日本では木造住宅が選ばれることが多くなっていますが、無垢材もとても人気があります。無垢材を選ぶメリットでは、まず木の温かみを感じられることがあげられます。塗装をすると本来の温かさが失われることもありますが、塗装をしない無垢材はフローリングにしても、冷たさを感じにくく、寒い時期も快適に過ごすことができます。さらに、調湿作用に優れているので湿気が多い時期も余計な湿気を吸収してくれるので快適に過ごすことができます。逆に乾燥しがちな季節では、水分が放出され乾燥を防いでくれるというメリットもあります。化学物質も使われていないので、体に優しいということも選ばれる理由です。

リラックス効果が得られる

無垢材を選ぶメリットでは、リラックス効果が得られるということもあげられます。無垢材の調湿作用は、カビや結露を防ぐ効果もあり、室内を快適に保つのにも役立ちます。断熱効果にも優れており、夏は涼しく冬は暖かくと年間を通して快適に過ごせるのも嬉しいところです。無垢材には、様々なメリットがありますが注意点もあります。まず、表面に加工がされていないので、傷や汚れが付きやすいことは理解しておきましょう。良い状態を保つためには、正しいお手入れ方法を知っておくことも大事です。調湿効果があることはメリットですが、膨張や収縮で変形してしまう可能性もあります。塗装がされていない分、水にも弱いので、水をこぼした時などはできるだけ早くふき取りましょう。

一戸建ては、安定した資産価値があるだけでなく、家族の子育てや介護といったライフイベントが変化した時にも、柔軟に対応しやすいという魅力があります。